二度目のバンコク訪問、日本食のことなど【18年冬旅24日目-2】

東南アジア

2018年年始の東南アジア旅行24日目の記録その2。

朝にカンボジア、シェムリアップをバスで出発。国境を超え夕方にタイのバンコクへ到着しました。

ファランポーン駅からMRT(地下鉄)とBTS(スカイトレイン)を利用し、宿最寄りのエカマイ駅まで移動します。

前回:バスでシェムリアップからタイのバンコクへ、陸路国境越え

バンコクは大都会

ファランポーン駅からの地下鉄は大混雑。押しくらまんじゅう。

いや、それにしてもバンコクの都会っぷりに圧倒されます。ベトナムとカンボジアを旅してから来たので発展度の差を嫌でも感じてしまう。

すっかり近代化され東南アジア的のどかさは感じられなくなってる。わざわざタイまで来てギュウギュウの満員電車に乗りたくない。日本でも十分堪能できるので。

バンコクに来たのは2度目。3年前に来たときには文化の違いに驚かされたのだけど、今回は印象が変わって、東南アジアの中では比較的日本に近い感じで過ごせる国なのかなと思うようになりました。

先に訪れた2カ国と比べると相当都市化が進んでいて、公共交通も充実。コンビニもあちこちにある。もう途上国って雰囲気じゃない。清潔で便利な都会です。

あと、バンコクには日本人が多いみたい。これまで訪れた国では欧米人&中国人旅行者が中心だったので様子が違います。

電車内でも日本語の会話が聞こえてくる。旅行者の他、仕事で滞在している人も多いみたい。

↓地下鉄駅にあったプレート。資金協力したらしい。

あと日本食が人気らしくあちこちで食べられる。広告も出てます。

道路は左側通行だし、走ってるのは日本車ばっかりだし、日系企業があちこちあるし、電車は押しくらまんじゅう。そこまで異国感が無い。バンコクは海外旅行が初めての人でもハードルが低い気がします。

3年前に来たときよりさらに開発が進んで便利になっている気も。

タイは首都バンコクだけ見ればもはや途上国ではない感じ。そのうち東京と立場が逆転するかもしれない。悲しいことに日本は少子高齢化で衰退傾向…。

ゲートウェイ・エカマイ

地下鉄からスカイトレインに乗り換え、宿最寄りのエカマイ駅に到着。駅と接続しているショッピングモール「ゲートウェイ・エカマイ」には日本食の店がこれでもかというくらいありました。

ラーメンからカツ丼、牛丼、日本風カレー、寿司…日本食なら何でもあります。日本の外食企業も進出。「かつや」「すき家」「てんや」など。

店の外に張り出されているメニューにはタイ語、英語のほかすべて日本語が書かれています。

あるラーメン屋のメニューが面白かった。色んな料理がある。デカ盛りカツカレーまである。

面白いのでメニューの写真を取ろうとしたら店員のお姉さんに、「シャシンNO、ソーリ」とニッコリ微笑みながら言われました。

写真がダメってのも現代的ですねぇ。日本と変わらない感覚。こちらも「ソーリ」と謝罪。

ベトナムやカンボジアのレストランは緩くて何を撮っても文句を言われなかったけど、こっちでは日本並みの配慮が必要みたいです。

店員さんの笑顔が素敵だったのでこの店で食べていくことにしました。

ヌードルのセット(Sサイズ)を注文。ラーメンとチャーシュー飯にドリンク付き。180バーツ。ちょっと高いかな? 3年前より物価が上がってるような……。

あと為替レートの関係もあるのでしょう。1バーツ=3.5円として650円。日本よりは安い気がするけど、あんまりお得感は無いですねぇ…。

東南アジアは物価が安くてお得というイメージがあるけど、バンコクはそんなに激安でもない。

とはいえ食事は屋台とフードコートで済ませば安く抑えられる。交通費もローカルバスは激安。

宿へ

食事を終えて宿に向かいます。

エカマイ駅のショピングセンターと反対側にはお寺が。光ってて綺麗。

月が赤い。

路地を抜けて宿まで歩く。

駅から宿まで1キロ位歩いたんですが、犬に出会わなかったなぁ…。なんでだろ。

前来たときは犬まみれで夜出歩くのは嫌だなと思ってけど、全然いなくなってる気がする。

ファランポーン駅付近でで見た一匹だけですよ。3年の間に沢山の野犬が捕獲されてどっかに連れてかれちゃったのかな?

仏教の慈悲の心を大切にしているから殺処分はしないと聞いたことがある。どこか収容施設に送られたのかな?

単にエカマイ駅周辺にはいないってだけかもしれませんが。

 

あと、タイの宿ではデポジットを要求される事が多い(ベトナム、カンボジアではなぜかデポジットが要らなかった。高い宿だと取られるのかな?)

部屋

今回の宿はコンドミニアム的な感じ。駅からちょっと離れているおかげか広さの割に安い。レンジと流し台、冷蔵庫がある。

大きいベッド

コンセントは日本のプラグがそのまま挿さる。でも電圧は違う。非対応の機器は壊れるから注意。なお、スマホの充電器は全世界対応のものが多い。

シャワーの機械(水を暖めるやつ)に謎のONSENシールが。

そういうブランド名なのかな?それとも誰かがいたずらで貼ったのか?

 

バンコクの物価はそこまで安くないと書いたけど宿泊費は別。大都会なのに2000円台から個室に泊まれる。

日本では地方のビジネスホテルでも4000円くらいからなのでかなり安い感じ。日本は島国で利用できる土地が少ないから高いのかな?それとも人件費の関係?

ただ日本国内でも大阪西成なら個室1200円くらいから泊まれるんですよね。狭いしバス・トイレは別だけど。日雇い労働者の街だからか、あの辺りだけ物価が違う。お弁当とか自販機のジュースもやたらと安いし。

まとめとヨーグルト

コンビニで買ってきたブルガリアヨーグルト。

バンコクでは日本と変わらないクオリティの日本食がちょっとだけ安く食べられるし、公共交通機関が発達していて便利。コンビニもいっぱい。品揃えも良いし、明治ブルガリアヨーグルトも売ってる。

買い物する所や遊ぶ所がいっぱい。日本製品も簡単に買える。日本文化がいっぱい。楽ちんだし楽しいんだけどこれじゃあ日本国内旅行とあんまり変わらない気も。

せっかく海外に来たからには海外らしさを味わいたい所。物質的なものを求めて海外に来たわけではないはず…。

とにかくタイ旅行はベトナムやカンボジアに比べてイージーモードなので気が緩む。

タイトルとURLをコピーしました